クレジットカード 海外旅行保険

傷害治療・疾病治療の金額を基準に選べ!

保険は"中身"・"内訳"が重要!

ここまでいろいろとご説明しましたが、「海外旅行保険は自動付帯」で「VISA」というのだけで安心してはいけません。

なぜなら、「その保険の中身」が必要だからです。もちろん、「そんな海外で大ケガする確立」というのは確かに低いかもしれませんが、でも、その”万が一”が怖いのです。

万が一、旅行先で治療が必要になった時、大切なのは「その保険内容」です。

そう、よく保険の内容で内訳が表示されているアレです。

傷害による死亡・後遺障害 ●万円
傷害治療費用 ●万円
疾病治療費用 ●万円
救援者費用 ●万円
賠償責任 ●万円
携行品の損害 ●万円

「死亡の場合」「後遺障害が残った場合」といろいろ項目があるので、どこを見てよいのかわからなくなってしまいますが、特に着目すべきは「傷害治療費用」と「疾病治療費用」です。

なぜなら、例えば、アメリカに旅行へ行って、「死亡する確率」と「病気や傷害で治療する確率」と一般的にどちらか高いでしょうか?

一般的にはやはり「病気や傷害で治療する確率」でしょう。しかも、クレジットカードの保険付帯の場合、死亡した場合の補償金額で多いのがだいたい2000万円ぐらいが多いのですが、この一番確率が高い「傷害治療費用」と「疾病治療費用」がかなりクレジットカードによって差があるのです。

おすすめカード 比較表を見る